« 多少のズレは許して車両基地 | トップページ | 多少のズレは許して車両基地 ~続き2~ »

2013年9月 2日 (月)

多少のズレは許して車両基地 ~続き~

ダブルターンアウトレールを組み込んだプランを作ってみる。
単純にループと組み合わせると、車両基地の部分が鉄道模型で言うところの「リバース線」(通過すると進行方向が逆になる線)となる。
※鉄道模型では、レールの極性が逆になるため「ギャップ」で絶縁する必要も。
Pr019

進行方向が自由な鉄道模型と違い、プラレールの場合は「クロスリバース(ダブルリバース)」にしないと不便。
一番下の立体交差タイプは、基本ループを直線レール1本分引き伸ばしてある。
但し、このプランを広げる場所が無いので実際には試していない。
そのため橋脚を置けるか確認できていない。
車両基地を、2倍直線レールで跨いだり、複線ブロック橋脚で干渉を避けたり、橋脚の場所を変えるために直線を挟んで更に基本ループを引き伸ばす必要もありそう。
Pr020

« 多少のズレは許して車両基地 | トップページ | 多少のズレは許して車両基地 ~続き2~ »

プラレールの憂鬱」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多少のズレは許して車両基地 ~続き~:

« 多少のズレは許して車両基地 | トップページ | 多少のズレは許して車両基地 ~続き2~ »