« 多少のズレは許して車両基地のある複線レイアウト ~続き4~ | トップページ | 車両基地のあるシンプルなレイアウト »

2013年10月12日 (土)

多少のズレは許して車両基地のある複線レイアウト ~続き5~

複線部分を全て高架にしたプラン。

◆その5◆
うまく収まった感があるが、ポイントの切り換えを間違えると、複線の他方を逆走してしまうのが問題。
▼地上部分
Pr044

▼坂および高架部分
Pr045

◆その6◆
大きく(広く)なってしまうのと、橋脚を立てるのが難しい箇所があるのが問題。
▼地上部分
Pr046

▼坂および高架部分
Pr047

◆その7◆
複線の高架部分はスッキリしているが、橋脚を立てるのが難しい箇所があり、無駄な単線・複線ポイントレール(行き止まり)があるのが問題。
破線の部分は、まがレール。
▼地上部分
Pr048

▼坂および高架部分
Pr049

« 多少のズレは許して車両基地のある複線レイアウト ~続き4~ | トップページ | 車両基地のあるシンプルなレイアウト »

プラレールの憂鬱」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多少のズレは許して車両基地のある複線レイアウト ~続き5~:

« 多少のズレは許して車両基地のある複線レイアウト ~続き4~ | トップページ | 車両基地のあるシンプルなレイアウト »