« 多少のズレは許して車両基地のある複線レイアウト ~続き5~ | トップページ | 車両基地のための分岐 »

2013年10月12日 (土)

車両基地のあるシンプルなレイアウト

情景部品「J-24 車両基地」に含まれる「ダブルターンアウトレール」を使って、入区・出区が一方通行でできる車両基地を作ると、他の部分と 16.94mmのズレが生じる。
レールの組み合わせで小さくする事もできるが、複雑になってしまうのは避けられない。
シンプルにまとめようとすると、このズレを無視して強引につなげてしまうか、「まがレール」を使う事になる。
破線の部分は、まがレール。

▼その1▼
広い場所とレールがないと出来ないプラン。
Pr050

▼その2▼
できるだけ小さくまとめたプラン。
Pr051
Pr051

▼その3▼
更に割り切って、単線の周回にしたタイプ。
Pr052
Pr052

« 多少のズレは許して車両基地のある複線レイアウト ~続き5~ | トップページ | 車両基地のための分岐 »

プラレールの憂鬱」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車両基地のあるシンプルなレイアウト:

« 多少のズレは許して車両基地のある複線レイアウト ~続き5~ | トップページ | 車両基地のための分岐 »