« 車両基地のための分岐 ~続き~ | トップページ | 車両基地のある複線レイアウト ~続き~ »

2014年3月30日 (日)

車両基地のある複線レイアウト

4月に発売になる「かっこよく車両を並べよう!車両基地レールセット」には、「※ダブルターンアウトレールは、専用部品の為レイアウトには使用できません。」という注意書きがある。
下記のようなレイアウトにすれば、ズレなしで“きっちり”組み込めるはずだが、タカラトミーの公式見解ではダメらしい。
しかも、同じ3編成を留めるのにダブルターンアウトレールが2倍必要(2倍売れるはず)なのに。
Pr062a
Pr062a

Pr062b
Pr062b

Pr062d

Pr062e

それならば、「J-06 操車場」に含まれる「ニューてんてつき」を使うなら認められるかも。

そこで、複線のエンドレスと組み合わせるレイアウトを考えてみる。
もしかしたら、セットとして発売されるかも…というのは甘い考えだった。
その最大理由は、“でかい”(広い場所がいる)ため。

まず、単純に考えると、こんな感じ。
Pr062
Pr062c

しかし、車両基地の中で進行方向が揃わない。そのため、「R-08 ストップレール」を使いたい場合には不都合になる。
そこで、進行方向を揃えると、こんな感じ。
Pr063
Pr063

ただ、「R-28 複線ターンアウトレール」では、車両基地への入区・出区の時にタイミングが悪いと他の列車と衝突してしまう。
その懸念を解消すると、こんな感じ。
Pr064c

Pr064a
Pr064a

車両基地をエンドレスの内側に配置すると、こんな感じ。内回り線の右半分は高架になる。
Pr064
Pr064b

地上区間の別バージョン。
Pr065

小さくしようとすると、複線らしさが失われる。
Pr066
Pr066

本線との接続箇所を変えると、こんな感じ。
Pr067

本線を全て高架にすると、こんな感じ。
Pr068

本線が高架のプランで小さくしようとすると、こんな感じ。複線の進行方向は、左側通行という前提。
本線は、複線の感じが薄くなり残念な結果に。
Pr069_2

本線の複線間隔を狭めようとすると、こんな感じ。本線が大きくなってしまったが、車両基地の留置線を増やせる。
Pr070

« 車両基地のための分岐 ~続き~ | トップページ | 車両基地のある複線レイアウト ~続き~ »

プラレールの憂鬱」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車両基地のある複線レイアウト:

« 車両基地のための分岐 ~続き~ | トップページ | 車両基地のある複線レイアウト ~続き~ »