« ニューてんてつきの憂鬱 | トップページ | ダブルターンアウトレールの憂鬱 ~続き~ »

2014年6月 1日 (日)

レールの改造

できることなら、市販されているままを使いたい。どうにかこうにか遣り繰りしてできればいいけれど、それでもダメなら改造しなければならない。
レールを改造する手順は、ざっくり言えば、
1.罫書き(彫るのではなくてペン書き)
2.切る、削る、穴を開ける
3.つなげる
となる。

使う工具や材料などは、
1.物差し(長さを測る)、定規(直線や直角の基準)、極細油性ペン(マーキング)
2.糸鋸、ヤスリ、ドリル刃、ピンバイス
3.接着剤や、ネジ+ナット+ワッシャ+ネジロック剤、ドライバー、スパナ

ここで、直線を切る工具に「レザーソー」という薄刃の鋸があると便利。
ついでに、マイターボックス(直角や斜めに切るための補助ガイド)も一緒にざっと探してみると、

■X-ACTO(エグザクト)
X-ACTO 超精密ミニ鋸セット X75350
X-ACTO 精密ミニ鋸セット X75300
X-ACTO スモール・マイターボックス X75330

■OLFA http://www.olfa.co.jp/ja/
オルファ ホビーのこ 167B
オルファ クラフトのこ 125B

■ピラニア・ツール http://piranha.co.jp/
ピラニアツール 替刃式鋸 PS-6

■玉鳥産業 http://www.gyokucho.co.jp/
レザーソー小さくても一人前
レザーソー180 樹脂
レーザーソー180 薄刃

■石鋸工業
デイズ プラスチック用 120mm

■ウェーブ http://hobby-wave.com/
レザーのこ&カッティングガイドボックス HT-251-1800
※この商品を購入したが、マイターボックスは直線レールには使えるものの、曲線レールには使えない。失敗した。
Pr101

■エクセル
マイターボックス & クラフト用薄刃鋸

■タミヤ
クラフトツール 薄刃クラフトのこ 74024
クラフトツールシリーズ No.111 カッターのこ II 74111

などがある。

また、下記は寸法が足りない。
■新潟精機 https://www.niigataseiki.co.jp/
SK ガイドブロック GB-S
最大加工可能寸法:幅28×高さ20mm

逆に、下記は大きすぎる。
■藤原産業 http://www.fujiwarasangyo.co.jp/
SK11 マイターボックス 2×4材用(取扱終了商品)
http://www.fujiwarasangyo-markeweb2.com/ebase-web/DispDetail.do?volumeName=00017&itemID=t000100002758

いい道具を使うと作業が捗るし、いい結果が得られるだろうけれど、プロではないので使う頻度も考慮してコストパフォーマンスを判断しなければならない。
替刃式だったり、使い捨てだったりさまざま。刃厚やピッチが不明の物もある。使う人の事情にもよるので、これらの中でどれが一番かは一概には言えない。

他にも、「ルーター」または「リューター」と呼ばれる電動工具があると、レールの内部に溝を彫るのにはヤスリより便利。

次に、つなげる方法を考えてみる。
まず思い付くのは接着だけれど、レールの材質がポリプロピレン(PP)やポリエチレン(PE)やポリスチレン(PS)であるため、接着しづらい。
※ちなみに、ペットボトルの「ペット」は、ポリエチレンテレフタレートのPETの事であり、動物のペットとは関係ない。

また、改造のつなぎ目には、補強材を当てるけれども、強度を考えると金属のほうがいい。
最終的に棄てる時の事を考えると、接着しない方が分別し易いし、分解して違うレールに組み替えるのも楽。

« ニューてんてつきの憂鬱 | トップページ | ダブルターンアウトレールの憂鬱 ~続き~ »

プラレールの憂鬱」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レールの改造:

« ニューてんてつきの憂鬱 | トップページ | ダブルターンアウトレールの憂鬱 ~続き~ »