« 橋脚の憂鬱 | トップページ | ストップレールの憂鬱 »

2014年6月14日 (土)

交差ポイントレールの憂鬱

「R-14 交差ポイントレール」の悩み。
  • 分岐(ターンアウト)は、一見どちらにも行けそうだが、片側のみ。分岐方向を変えたくてウラ返して見ると、直進(交差)のみしかない。
  • 曲線半径が小さいため、脱線のリスクが高まる
これを何とかできないか考えると、こんな感じ。
  1. 「R-17 3分岐ポイントレール」の直線部の長さを、1/4短くする。
  2. 直線が1/2の長さの交差レールを継ぎ接ぎで作る。
  3. これを合わせると、相互に全方向進行できて、半径も曲線レール相当の「ニュー交差ポイントレール」になる。
Pr115

« 橋脚の憂鬱 | トップページ | ストップレールの憂鬱 »

プラレールの憂鬱」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交差ポイントレールの憂鬱:

« 橋脚の憂鬱 | トップページ | ストップレールの憂鬱 »